スイッチやコンセントなど生活に溢れる「配線器具」について

プレートの種類

「プレート」とは、板のことを指す言葉ですが、配線器具関連のプレートとはコンセントやスイッチを保護するためのカバーのことを指します。
プレートを選ぶときには、コンセントの種類によって形状が異なりますし、スイッチによりカバーを個性的なものにするなど選択肢の幅が多く存在します。
配線器具がそのままの状態で使ってしまうと、感電の危険性があるなど安全性が保たれないため、専用の金属プレートを用いる、
または樹脂によるプレートカバーを使うなど、安心して配線器具を使えるように必要に応じてプレートを選び取り付ける必要があります。
 
選べるプレート素材
配線部分などを保護し、見えなくするためのプレートは、「素材」を色々と選ぶことができます。
たとえば、一般的に多いとされるのがプラスチックのプレートですが、そのほかにもアルミやステンレス、さらには木材で作られたプレートなど、
スイッチやコンセントの形状に合わせて色々な製品から選ぶことができます。
使う場所によっては防水加工されたものや、人目に付きやすいところには光沢のあるものを選ぶなど、
ご家庭によって個性を大事にオリジナリティ溢れるプレート素材を選び設置することができます。