スイッチやコンセントなど生活に溢れる「配線器具」について

スイッチやコンセントなど生活に溢れる「配線器具」について

「配線器具」とは、暮らしの中でも毎日のように使っているスイッチやコンセント、さらにはプレートやOAタップなどのことを指します。
日頃何気なく使っている配線器具ですが、配線器具それぞれの役割や特徴などをもとに、使用頻度や正しい使い方、そして分電方法などを知ることで、
より安全で快適な暮らしを送ることにつながるといえます。
そこで今回は、「配線器具」に関するそれぞれの製品の種類や特徴についてご紹介します。
 

配線器具の主な種類について

私たちの身近なところでいう配線器具に「スイッチ」や「コンセント」、「プレート」、「OAタップ」などがあります。
これらの配線器具の特徴や特性、使い方などを把握することで、より安全に快適な暮らしを実現することができるとされています。
 

スイッチの種類

電化製品を作動させるときには電力を使うため、それらの電力を製品に通すためには電気回路をオンにする必要があります。
このような電気回路の電流を止めたり、流したりする装置のことを「スイッチ」といいます。
 
片切りスイッチや両切りスイッチ
スイッチと一口にいっても、「片切りスイッチ」や「両切りスイッチ」と呼ばれる種類があります。
私たちが電気を付けたり、消したりする照明器具のオン/オフで使う場合には、片切りスイッチが多く用いられています。
 
3路スイッチや4路スイッチ
また、同じ住まいで一階からも二階からも電源を切り、入りできるスイッチがありますが、
これらの多くは「3路スイッチ」や「4路スイッチ」と呼ばれるものです。
3路スイッチであれば2つの場所からスイッチを操作することができます。そして、4路スイッチであれば、3つの場所からスイッチを操作することができます。
特に、一戸建て住宅の場合に多いのが、階段部分の3路スイッチです。
このようなスイッチを設置することで、一階からでも2階からでも簡単にスイッチの切り替えができます。
 
その他のスイッチ
これらのほかにも、大きさが異なる製品や環境によって使い分けることができる製品など、さまざまな規格のスイッチが存在します。
スイッチ部分が暗闇でも光ることから、スイッチの場所をすぐに見つけられるタイプのスイッチや、熱線センサーが付いていて、
人や動物の動きを感知することでスイッチが自動で付くという製品もあります。
また、調光スイッチと呼ばれる製品は、周囲が明るいときには電源がオフになり、




  橿原 不動産